ブログ

自分とは何者なのかという事

こんにちは。るみこです。

会社のBlogに色々と書くにあたり、何をネタにしようかなと思うと普段はあまりしない過去を振り返る作業をする事に。

実は子供の頃は相当変わった人間だったように思います。

(今もちょっとオカシイ人間だと自覚はしています。笑)

 

小学生の時は妄想癖が凄かった。

「実はこの世界は夢の中で、現実の世界で夢の中を操作している人が他にいるんじゃないか?」という妄想を良くしていました。大人になって、映画「マトリックス」やアニメの「攻殻機動隊」を見て同じ事考えてる人がいたんだ!!と感動しました。

その延長だったのかもしれませんが、他者に感情があるという事を実感していなかった事も…。特に仲があまり近くないクラスメイトが泣いたり怒ったりしているのを見た時に「ハッ!」とした瞬間があったのを今でも覚えています。「あの人にも感情があるんだぁ。」と。一体私はクラスメイトを何だと思ってたんでしょうか(汗)周りにいる人間たちは皆んなロボットのような感覚だったのかなぁ。

そんな感じだったので、いじめられかけた時には無反応でした。あるクラスメイトに上靴を取られ、「わーーーーー」と走って逃げられましたが、私的には「え?何してるのかな?」と無表情で目で追っていました。反応がないのでつまらなかったんだと思いますが「ごめん。」と返してくれた事があります。笑

また、女子4人グループで机を繋げて給食を毎日食べていましたが、ある日手を洗って戻ると私の机だけ外されていて「ん?机ずれてるな」と思い、くっつけて食べるを繰り返す事1週間ほど。さすがの私も「あー、外されてるのかな?」と気がつき(遅い!笑)他のグループに「なんか外されてるみたいだから今日からこっちで一緒に食べて良い?」と交渉。すんなり「良いよー」と言ってもらいそちらで食べる事に。でもこれって良く良く考えてみたら一人で手を洗いに行ってる時点でグループ行動できてない!笑 多分、私の個人行動が多すぎて「この子私たちのグループなのかしら?」と疑問を抱かせていたのだと思います。大人になって分析すると分かります。

そういう変な子供だったのです。

中学・高校時代もちょっと変わった行動に出る

とにかく浮いていました(笑)なので学校にはほとんどコミュニティーを持っておらず、外に友達を作るタイプでした。友達は趣味のライブや演劇を見に行った先で作ったり、バイト先の子ばかり。今でも深くつながっているのは高校時代に3ヶ月しか一緒に仕事しなかった子とか、ライブで知り合った子とかが多めです。もちろん学校で仲良くなった子もいますが、ほとんど同じクラスになった事がない子だったりします。

大人になってからの仲間だったり友達は

てな事で、仲良くなる人は個人行動ができる一匹狼タイプが多め。仲良しな気兼ねしない友達は年に数回、もしくは何年かに1回とかしか連絡もしないし会わないとかです。それでも時間の壁を瞬時に埋める事ができるそんな友達が多いなーと思います。お互いの良い距離感が似てるって大切だなぁって最近は思います。類は友を呼ぶってこういう事かな?

 

最後に私の大好きなハニホーの性格診断をした結果を残しておきます。なんとなく、こんな奴なのかと思っていただければと思います。

https://seikaku.hanihoh.com/seikaku1/r/?k=s598b2603b53c1

筆者について

るみ

るみ

元歯科技工士。北海道リレーション(株)のCEO 「北海道ファンマガジン」「マカラボ」運営。CPサロンエステティシャン。ばんくん、北海道アーティストマネジメント『なかにしりく/佐々木浩平/TRIO184/など。』9/12に2人目出産しました!!