ブログ

営業職の人は太陽であれ

こんにちは、るみ子です。

<出産予定日まであと18日>

弊社の業務内容は主にウェブメディアを通じての編集プロダクション(取材・執筆・撮影・納品)です。私は営業ですが、私以外の人はみんな文章のプロです。そんな中での自社サイトのメディア化。結構プレッシャーだったりします。笑

私はライティングはできませんが。。。

私は現在、執筆の作業していませんがその他の事は色々とやっているマルチプレーヤーです。元々は歯科技工士だったのもあり、実際に商品を制作し納品する実行部隊の出身。営業の仕事になったのもここ数年の話です。事務処理もするし、営業もするし、ばんくんのヌイグルミの制作もする。デザインの話が来たらディレクションもします。だからこそ分かる両方の気持ち。

営業って仕事取ってくるのが仕事じゃない

進んでる案件の進行役だったりもします。クライアント寄りでも、編集部寄りでも成り立たない営業というクッション役。お互いの主張を噛み砕き、いい落とし所を見つけること。それが仕事です。私もまだ全然上手くできてないので、成長しなければと思っています。まぁでも結構みんな好き勝手言うし、それぞれの感情をダイレクトに受けるので精神的負担はかなり大きいです。愚痴や文句を聞いたり、怒りの矛先にされることもしばしば。自分が余裕ある時であれば相手の気持ちに寄り添い進めますが、自分が弱ってる時は誰も助けてくれない立ち位置です。でも両方の仕事を経験しているとなんか「しょうがない、忙しいとイライラもする」と思えます。

お母さんは太陽

営業さんって家族でいうと「お母さん」だなぁと思うのです。そしてお母さん的存在は「家族の太陽」です。男性でもいますよね、お母さんみたいな優しく、そして厳しくも包んでくれる方。きっと営業に向いています。

営業さんが太陽のように明るくないとダメだなと今、ひしひしと感じています。私ももっと魅力的な太陽のような存在になれたらと、本日の精神的な波を反省し文章を書き上げました。人から元気を奪うことなく

「あなたと一緒にいたら元気をもらえるよ!」

その言葉をもらえるように。

 

筆者について

るみ

るみ

元歯科技工士。北海道リレーション(株)のCEO 「北海道ファンマガジン」「マカラボ」運営。CPサロンエステティシャン。ばんくん、北海道アーティストマネジメント『なかにしりく/佐々木浩平/TRIO184/など。』9/12に2人目出産しました!!