ニュース

北海道庁との官民協働プロジェクト「バスタビ北海道」始動

北海道リレーション株式会社は北海道庁とコラボレーションし、「バスタビ北海道」と題する、道内の路線バスを盛り上げる取り組みを開始しました。

「バスタビ北海道」は、北海道内の路線バスの利用促進、活性化を図る北海道総合政策部交通企画課との官民協働プロジェクト。路線バスだけを使って地域を巡り、車窓からの風景、途中下車での観光地紹介、その地域ならではの美味しいグルメ・スイーツを満喫するバス旅の模様を、弊社が運営する北海道観光情報メディア「北海道ファンマガジン」を通して発信してまいります。

第一弾は、沿岸バス株式会社の協力のもと、沿岸バスの豊富留萌線(留萌駅前―豊富駅間)およびサロベツ線(豊富駅―稚咲内第二間)に乗車。サロベツ原野を目指し女子二人旅する内容で、サロベツ原生花園(豊富町)、トナカイ観光牧場(幌延町)、豊富温泉(豊富町)、てしお温泉夕映(天塩町)を巡りました。ソフトクリームやとよとみカタラーナ、しじみラーメン、トロケッテ・ウーノやChuChuプリンといった食も満喫しました。

実際の旅の様子は、記事を通して、また動画を通して楽しむことができます。ロゴマークは弊社デザイン・ブランディング部が制作しました。

「バスタビ北海道」の取り組みは、さまざまなメディア様にて報道していただきました。

●羽幌タイムス(2017/10/15)
●月刊ガバナンス(2017年10月号)
●USTREAM番組「第292回いーキタ北海道」(2017/10/16)
●乗り物ニュース(2017/10/20)
●公益社団法人日本バス協会(2017/10/20)
●バスとりっぷ(2017/10/23)
●北海道庁公式動画チャンネル(2017/10/24)

「バスタビ北海道」企画の第二弾は道南バス株式会社の協力をいただき、登別・室蘭を巡る予定です。引き続き応援のほどよろしくお願いいたします。

筆者について

代表

代表

北海道リレーション株式会社の代表アカウントです。会社全体のこと、お知らせについてはこちらのアカウントが記事を担当します。